ダイヤモンド買取鑑定基準

ダイヤモンド買取をするにはダイヤモンド4Cという基準があります。

この4Cというのは世界基準であり、鑑定後に出された結果は海外でも同様ということになります。

4Cの一つ目はカラーです。

カラーにおいては透明であることが最も高い価値となります。

アルファベットでランク分けされていて、DからRまであります。

二つ目はカットです。

エクセレント、ベリーグッド、グッド、フェア、プアがあります。

三つ目はクラリティです。

ダイヤモンドがどれくらい透明度が高いかという基準です。

FL、IF、VVS、VS、SI、Iとランク分けされています。

四つ目はカラットです。

ダイヤモンドの重量のことで、1カラット0.2グラムになります。

ダイヤモンド買取業者では、鑑定士がこれらの4Cを基準にデザインの流行なども加えてダイヤモンドを鑑定し、いくらで買取るかという査定価格が決まります。

This entry was posted in 鑑定をしてもらう. Bookmark the permalink.